意外と知られていない! 開封済みワインの賞味期限について

意外と知られていない! 開封済みワインの賞味期限について
ワインは購入したら終わりではなく、そこからどのように保存するかが問題です。
ワインは生き物と言われているように、常に化学反応を進めて味わいが変わっていきます。そのため、ワインの場合はその保存方法を特に注意しないといけないのです。
ここでは、ワインの保存方法、そして便利な使い方について考えていきます。

開封済みワインの賞味期限について

まず、ワインには賞味期限があるか、という問題です。
実は、ワインには賞味期限はありません。
ポリフェノールや強い酸、さまざまな成分が含まれているので、コルクやスクリューキャップで保存されている以上、腐るということはないのです。

しかし、開封後はどうでしょうか。

開封した後からといって賞味期限が発生することはありませんが、空気中の酸素と反応して色が変わったり、酸っぱくなったり“味”という意味では劣化が進むので数日でダメになってしまうでしょう。

さらに、細菌が入ってきた場合、時間が経てば当然増殖していくので、飲めなくなります。
できれば、開封後どんなに長くても1週間以内に飲みきることをおすすめします。

開封済みのワインはワインストッパーを使って保存するのがおすすめ

一度開封したワインは、空気中の酸素に触れるため必ず劣化スピードが早まります。

さらに、コルクのワインの場合、コルクで栓をしても酸素が隙間から入ってくるため、どうしても酸化が進みます。
そのため、ワインを保存するのであれば、ワインストッパーを利用するのがおすすめです。

ワインストッパーであれば、外部の酸素を取り入れないようにしっかりと密閉できますし、ワインを長持ちさせてくれるので安心です。
ただ、さらに注意を払って保存したいという方は、窒素を入れたり、ヘッドスペースの空気を抜く機能を持った高性能なワインストッパーを使うのもアリでしょう。

ワイン好きであれば、ひとつは必ず持っていたいアイテムです。

味が変わってしまったら料理酒として使うのがおすすめ

さて、どんなに気をつけて保存をしていても、開封をしてしまったワインの味わいの品質が落ちてしまうのは仕方がありません。
飲んでもそこまで美味しくない、というワインは料理酒として利用するのもアリでしょう。

赤ワインや白ワインには、魚や肉の臭みを取り去る効果がありますし、肉を柔らかくする性質も持っています。
また、風味付けという意味でも大きな役割を担ってくれます。

魚を煮るときやパスタのソースをつくる時、ステーキソースを作るときなどにワインを料理酒として使えば、奥行きのある大人な風味を生み出すことが可能です。

ワインの保存に注意するのはもちろん、味が変化しても捨てずに料理やサングリアなど、いろいろな形で再利用するようにしましょう。