チェック必須! ワインの買取時に多い質問【まとめ】

チェック必須! ワインの買取時に多い質問【まとめ】
ワインを買取したい場合、わざわざ買取店に聞くのも気が引ける…という基本的な質問がある方も多いはずです。
ここでは、そんな方のために、ワイン買取における素朴な疑問とその答えをまとめてみました。
ぜひ、気になっている方は参考にしてみてください。

当サイトでは、ワインの買取手段についても紹介していますので、こちらの記事もぜひご覧ください!

ワインの買取時に多い質問【まとめ】

ワインは好きだけど、それを買取するとなるとよくわからない。
こんな悩みを抱えている方は多いでしょう。
では早速、ワイン買取における、よくある悩みをここで紹介していきます。

① 買取時に必要なものは何ですか?

ワインを買取する際、当然重要なのはワイン本体ですが、買取を成立させるためにはいくつか必要になってくるものがあります。

それが、買取依頼者本人を証明する、身分証明書です。
運転免許証や保険証、パスポート、マイナンバーカード、住民票など、本人を証明するものがあれば買取を成立させることができます。
ただし、これら以外の身分証明書しかない、という方は買取店と要相談が必要でしょう。

場合によっては、買取不可ということもあるので、必ず査定前に相談してください。
また、ワインの価格を高めるという意味では、化粧箱や鑑定書、保存袋など付属品も持ち込みましょう。
査定額が、数千円アップすることもあります。

② お酒なら何でも買い取ってもらえますか?

ワイン専門買取業者の場合、ワイン以外は買取対象にならないことがあるので注意が必要です。
ただし、お酒全般を買取対象アイテムとしている業者であれば、ワイン以外も買取してくれるので安心して買取依頼してみましょう。

ただし、ビールや日本酒などは賞味期限があるため、買取対象外としている店鋪もあります。
さらに、劣化が激しいコルクやラベルのワイン、目減りが激しいワインなどを買取できない店鋪もあるので、査定前に要相談しておきましょう。

③ 査定だけでも大丈夫ですか?

ワイン買取業者をはじめ、お酒の買取業者は査定料や送料、出張費、キャンセル料などを無料にしています。
そのため、自分の持っているワインが今、どのくらいの価格になっているのか査定だけでも可能です。

ただし、予め「査定だけをしたいが、可能か?」というひと言は買取業者に伝えておく方が丁寧でしょう。
宅配買取、出張買取で大量のワインを査定してもらい、それから査定だけで依頼した…というのでは、少しマナーとして微妙です。

それでも、査定料を発生させない優良買取業者ばかりだと思いますが、業者によっては返送料などを課せられる可能性はゼロではありません。
必ず、査定だけの利用をする場合は事前に相談しておくと、トラブルなく気持ちよく査定をしてもらえるでしょう。

④ 国内ならどこからでも買取可能ですか?

宅配買取、出張買取など、近年買取がとても身近になってきています。
特に、宅配買取の場合は全国どこからでも送ることが可能ですので、憧れの酒買取店にワインの査定を依頼することも可能です。

宅配買取の場合、日本国内であればどこからでも対応してもらえますが、一部離島などにお住まいの方は相談した方が良いでしょう。
業者によっては、離島の方の場合は別途送料などが変わってくることがあるので、こちらは相談してください。

また、出張買取も全国に店鋪を数多く持っている買取店であれば訪れてくれますが、場所によっては遠方過ぎると出張買取ができない、という業者もいるので調べておくことをおすすめします。

出張買取の場合、店鋪によって出張できる範囲を指定していたりするので、電話で確認してみてください。

⑤ 未成年でも買取依頼はできますか?

基本的に、未成年単独での酒の買取はできません。
買取には、前述したように身分証明書が必要ですので、誤摩化すなどそういったことはできませんので注意してください。

ただし、未成年者の保護者が記入した「保護者同意書」があれば、買取を行うことができる店鋪が多いので確認しておきましょう。

買取査定の受付後に保護者への電話連絡が取れるなど、諸処条件は店鋪によって違いますが、これらをクリアできれば未成年者でも買取は成立させられるので覚えておきましょう。