主に3つ!! ワインの買取手段

主に3つ!! ワインの買取手段
ワインを買取したい時、どんな買取方法があるか気になっている方もいるでしょう。
“頼んだら、取りにきてくれるの?”とか“自分で行かなきゃダメなの?”など、ワイン買取に不安を感じてしまう部分もあるはずです。
ここでは、ワインの買取手段を紹介していきます。

ワインの買取手段① 店頭買取

大きく分けて、ワインの買取手段は3つあります。
この3つの買取手段を覚えておけば、不安なくワインを買取に出すことができるでしょう。
では、そのうちのひとつ、「店頭買取」について紹介していきましょう。

店頭買取とは?

店頭買取とは、その名の通り“店頭(ワイン買取業者)にお酒を持ち込み、その場で買取をしてもらう”手段です。
一部、店鋪を持たないネットオンリーのワイン買取業者も存在していますが、多くの場合は実店鋪を持っています。
そのため、ご自身で売りたいワインを店鋪に持ち込み、鑑定士に査定をお願いして買取商談をするという方法です。

店頭買取のメリット

店頭買取のメリットは、何といっても即日現金化可能、というところに尽きます。
売りたい、と思ったその当日に持ち込んだワインがすぐにお金になるのですから、本当に便利なサービスですよね。

また、ワイン買取業者であれば鑑定士はワインを扱うプロですので、ワインにとても詳しくワイン談義も可能です。
ワイン好き同士が話をすれば、大抵は盛り上がると思いますので、人と接したいという方にも人気の買取方法なのではないでしょうか。

もちろん、目の前で鑑定をしてくれるので、どういった査定が行われているかじっくりと見ることができますし、なぜその査定額になったか、というのも目の前で説明を聞くことができます。
透明性がある、という意味では3つの買取の中で最も優れていると考えられます。

店頭買取のデメリット

店頭買取いは、いくつかデメリットがあります。
まず、ワインを売りたい買取業者が近くに無い場合、交通費がかなりかかってしまう可能性があるというところです。

また、大量にワインを売りたい場合、持ち込みがかなり大変ですし、結果時間がかかることもあります。
店頭買取に訪れるお客は依頼主一人ではなく、多方面から日々数多く訪れるため、人気店鋪になると自分のワインが査定される順番が遅くなってしまうこともあるのです。

もちろん、絶対に納得できる査定額ばかりが提示されるわけではないので、キャンセルしたい場合もあると思います。
そうなった場合、重たいワインをまたご自分で持ち帰らなければなりません。
店頭買取はメリットもありますが、デメリットもあることを覚えておきましょう。

ワインの買取手段② 宅配買取

次に、宅配買取という買取手段を紹介していきます。

宅配買取とは?

宅配買取とは、利用者自身がダンボールにワインを梱包し、買取業者に郵送して査定してもらう買取手段です。
届いたワインを業者が査定し、その結果が電話またはメールでやってくるので、納得できたら即日買取金額が振り込まれるというサービスになっています。

宅配買取のメリット

宅配買取の最大のメリットは、全国どこからでも(店鋪によって一部地域は除かれる場合があるので、要確認)利用することができるところです。

例えば、利用したいワイン買取業者が東京。
しかし、自分が住んでいるところは滋賀県。
という場合でも、宅配買取なら利用することができるので便利です。

また、多くのワイン買取業者は梱包材や送料、返送料などが無料の場合が多く、利用者はワインを詰め込んで送るだけでいいという手軽な買取手段なところです。

買取業者が近くにあっても日中なかなか動けない方、大量にワインがあって自分で持ち込むのが厳しい方、人と対面するのが億劫な方など、こういった方にはとてもおすすめの買取手段だと思います。

もちろん、査定が終わった後に結果連絡が来るので、納得できたら即日現金が依頼者の指定口座に振り込まれます。
このように自宅から動かず、ワインが買取できるのが宅配買取のメリットでしょう。

宅配買取のデメリット

宅配買取の場合、依頼者ご自身が梱包したり宅配業者に手渡したりする手間があるので、“面倒”というデメリットがあります。
ワインを数十本売りたいという方の場合、配送中にボトルが傷ついたり割れないよう、キレイに梱包しなければいけません。

必要書類に身分証明証などが必要になりますが、それらのコピーなども用意しなければいけないので多少手間がかかるところがネックです。
また、店鋪によっては即日で査定してくれないこともあり、依頼から査定、振込まで1週間近くかかる場合もあります。

もちろん、電話で査定結果の細かい内容は聞いたり、メールで伝えてくれますが、実際にどのように査定されたのか自分の目で見ることはできません。
さらに、キャンセル料は無料であっても、返送料は有料という場合もあります。
このデメリットも、しっかりと頭に入れておきましょう。

ワインの買取手段③ 出張買取

最後に、出張買取というワインの買取手段をお伝えしていきます。

出張買取とは?

出張買取とは、ワイン買取業者が依頼者指定の場所にやってきて、その場で査定、買取を行ってくれるサービスです。
鑑定士が、ワインを査定して依頼者が査定結果に納得できたら、その場で現金が手渡されるシステムになっています。

出張買取のメリット

出張買取は、自宅に鑑定士がやってくる買取サービスです。
そのため、大量のワインを売りたいとか、超高級ワインを査定してほしい、店頭か宅配などが面倒という方におすすめの買取手段となっています。

鑑定士がその場で査定をしてくれるので安心ですし、キャンセルをしたとしても持ち帰る必要が無いので手間がありません。
飲食店を閉める、という方や収集家だった方には特におすすめのサービスでしょう。

もちろん、その場で買取分の現金は手渡されるので、即日現金化という意味では店頭買取と一緒です。

出張買取のデメリット

出張買取は、時間指定となっていることが多く、その前後は外出することができないというデメリットもあります。

人気店鋪の場合、依頼も多いため自分が買取してほしい日時にピンポイントで訪れてくれるかわかりません。
また、大量過ぎるワインの場合、一度に全てを買取してくれず数回に分けて…という可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

ここでは、ワインの買取手段を3つ紹介しました。
どの買取手段にもメリット、デメリットは存在していますが、要は“どれが自分に合った買取手段か”を、考えることが重要です。

ライフスタイルによって、合う合わないということもありますし、優劣をつけるものではありません。
ぜひ、3つの買取手段を改めて比較検討し、ご自身に合った買取手段を見つけてみてください。