再利用しなきゃもったいない! 【ワインのコルク】

再利用しなきゃもったいない! 【ワインのコルク】
ワインを飲み干した後、ボトルは残しておいても、コルクを大切に取っておく方は少ないかもしれません。
一度使ってしまったコルクは衛生的にも他のワインには使えませんし、ゴミになるだけ。
こう思っている方も多いはずです。
しかし、DIYとしてコルクは再利用可能です。
どういうことなのか、ぜひ参考にしてみてください。

ワインのコルクは再利用しないともったいない

ワインのコルクは吸水性と耐久性に優れているため、実はとても機能性の高い素材として知られています。
そのため、ワインのコルクはDIY用のアイテムとして、再利用することも可能なのです。
捨てるなんて、もったいない。
その理由を紹介していきましょう。

ワインコルクを使って作れる小物

ここからは、ワインコルクを使用して作れる小物をいくつか紹介していきます。

① コースター

DIYとして、ワインコルクの利用するもっとも定番のアイテムがコースターです。
コーヒーや紅茶、お茶などをはじめ、大きく作れば鍋敷きにもなります。

まず、半分に切ったコルクを20個以上用意し、円台のコルク台に貼付けます。
あとははみ出した部分を斬り、全体をサンドペーパーでフラットにすれば完成です。
円台の大きさに合わせれば、いくらでもアレンジ可能なので試してみましょう。

引用:weboo.link/article/5049

② カードスタンド

少し自分は不器用だから、DIYなんて無理。
こんな方でも、簡単にできるのがコルクのカードスタンドです。
まず、コルクがコロコロ転がらないように底にしたい部分をサンドペーパで平らにします。

そして、カッターナイフで上部に切れ込みをほど良くいれたら感性です。
切れ込みにカードをさせば良いだけですので、もっとも早く仕上げることができるでしょう。

③ オブジェ

芸術的センスがある方であれば、コルクを思い切ってオブジェにしてしまっても良いでしょう。
作り方は、自分が思い描いたデッサンに合わせて、ボンドなどでコルクを重ねていくだけOK。

また、ボタンやビーズ、チェーンなども組み合わせて自由にデザインしても良いでしょう。
先に、針金などで型を造り、そこに貼付けていくのもやりやすいかもしれません。

引用:studiopacot.com

④ キャンドルフォルダー

幻想的な雰囲気を演出する、キャンドル。
そんなキャンドルを飾るための、キャンドルホルダーをコルクで作ることも可能なのでおすすめです。
作り方はとても簡単で、ワインコルク4つと輪ゴムがあれば完成します。
まず、ワインを縦に置いて四つまとめます。

そして、バラバラにならないようにしっかりと輪ゴムで固定し、その間に細めのろうそくを立てていきます。

あまり短いろうそくだと火が燃え移ってしまうので注意しましょう。
ただ、これだけだとやや殺風景ですので、お皿などに上に乗せ、その周囲をビーズや観葉植物の葉、さまざまな小物でアレンジしてデザインします。

コルクのナチュラルな雰囲気をいかしながら、幻想的な雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか。